テンソー  事業内容(鈑金加工 鉄・SUS・アルミ、木材加工)

 

◆Mazak新型レーザー機(DDL)導入しました

 

2017年9月にヤマザキマザック製、ダイレクトダイオードレーザ機を導入しました。

本機は従来のファイバーレーザ機に比べ、省電力並びに、アルミ、銅、真鍮などの

高反射材の高速切断及び、幅広い切断条件により長時間でも安定した加工が可能などに

優位性を発揮します。

特に、軟鋼・中厚板(9mm~16mm)の切断面は、ファイバーレーザと比較し

更なる滑らかさが得られます。

また、5`×10`対応機の為、大型のワークの材料取りが可能となり、歩留りの向上

並びに、大物部品の一体化構造の実現など、大幅なコストダウンに貢献します。

 

現時点で国内導入事例がわずかな本機を、営業戦略の柱として

最大の特徴である、厚板の高品質切断の強みを生かした製品を

積極的に受注していきます。

 


    footer