テンソー  事業内容(鈑金加工 鉄・SUS・アルミ、木材加工)

沿革

1972年 3月 会社設立【資本金300万円】従業員22名
4月 営業開始
大型バス車両シート、踏み台、仕切、スタンションパイプ取付作業開始
小型バス車両シート取付開始
1973年 5月 大型・中型バス車両樋、バンパー、ベンチレーター取付作業開始
1974年 6月 小型バス車両ダッシュ板、天井レザー張り、サイドミラー、腰板、内板、床抑え
窓ガラス、室内外灯具、バッテリー取付作業開始
1976年 5月 大型・中型バス車両室内天井抑え、天井内板、天井断熱材、冷房ダクト
尾部段付け抑え、取付作業開始
1978年 5月 大型・中型バス車両室内外灯具、ドアエンジン取付作業開始
1980年 5月 大型・中型バス車両室外モール、尾部吸音材取付作業開始
1987年 10月 栃木県に出向(アイ・ケイ・コーチ様、栃木県への工場移転に伴い)
1988年 4月 栃木県に天龍工業株式会社関東工場、竣工(路線バスシート生産開始)
1992年 10月 天龍工業関東工場を、天龍装備株式会社に業務移託
1993年 6月 株式会社第弐装備合併 【資本金350万円】
1994年 7月 鈑金作業開始
1995年 9月 【資本金 1,050万円】 に増資
1997年 1月 天龍装備株式会社より株式会社テンソーに社名変更
2002年 9月 株式会社シバックス様、自動車試作部品受注生産開始
2004年 10月 株式会社協和製作所様、建設機械部品受注生産開始
2007年 1月 バス車両用保安機器BOX受注
2010年 5月 コマツ建設機械部品M22・フロアー受注生産開始
2011年 6月 キャタピラジャパン キャビン骨格受注生産開始
2012年 8月 コマツACサーボブレーキプレス PAS5012NET導入
2013年 9月 AMADA パンチ・レーザ複合マシンEML3510NT+棚棚-TK導入