テンソー  事業内容(鈑金加工 鉄・SUS・アルミ、木材加工)

切削加工

 

◆2021.8.5 CNCガントリー型マシニングセンタ導入。

本機はこれまでのルーター機に対して、大きく四つの点が高性能化しました。

一つ目は、最適木取計算により、原板を最大限活用する技術(ネスティング・テクノロジー)に特化したことで、歩留まりを改善することが可能です。

二つ目は、材料(原板)を自動搬送する機能により、従来作業者が1枚毎(37㎏)加工機テーブルに載せていた作業が無くなり、作業負荷の軽減(省力化)に繋がりました。

三つ目は、刃物の送り速度を最大で90m/分で加工するポテンシャルです。生産効率の大幅アップが可能になりました。

四つ目は、切断を機械の閉鎖された空間で行うことで、木屑の周囲への飛散が無くなり、その木屑を工程の3箇所で集塵することで、機械及び製品への付着が激減し、職場環境(美化)改善に大きく貢献しました。

今後は本機のポテンシャルを最大限に生かし、更なる受注の拡大並びに
より高い品質を要求される、新たな製品の受注獲得を目指します。

 

切削加工

    footer